[主なご依頼]  [費用]


突然警察がやってきた時、どうすべきか瞬時に判断できるでしょうか。仮に身に覚えがあったとしても、出来ることはたくさんあります。最悪の場合、知らぬ間に有罪へと導かれ、取り返しのつかないことになります。

刑事事件への対応はスピードが何よりも重要です。一度自白してしまったらそう簡単に撤回することはできません。逮捕されれば外部との連絡が遮断され、周りの方にも刻一刻と影響を及ぼし続けます。1日の相談の遅れがその後の結果に大きく関わってくるのです。

弁護士を付けるべきか、どうすればいいのか、そんな風に考えている間にも事態はどんどん深刻化しかねないのです。「家族が逮捕された」「警察に呼ばれている」など、刑事事件は突然やってくるので戸惑ってしまうことも多いでしょう。

そういったときこそ、まずは弁護士に相談してください。そのために弁護士はいるのですから。弊所でも、これまでの数々の事件を不起訴や早期の釈放へと導いてきた経験やノウハウがございます。

もし、家族が逮捕されたら

「突然身近な人が逮捕されてしまった」

そんな時、家族は大きな不安に包まれるでしょう。何もわからないまま突然連れていかれることもあります。しかし一方で、捜査上の秘密を理由に、逮捕直後は家族であっても面会することはできません。「どうして逮捕されてしまったのか」「職場にはどう話したらいいんだろう」家族であれば気になることがたくさんあるでしょう。

弁護士だけは逮捕された方と警察署で面会し、直接話を聞くことができます。そして、ご本人の言い分を聞き、少しでも早く釈放されるよう迅速に動きます。逮捕された場合には、まずは至急ご相談ください。1日の遅れが、釈放をそれ以上に遅らせてしまうこともあるのです。

早く釈放してほしい

繰り返しになりますが、逮捕された場合、1日の遅れが釈放を遅らせることもあれば、釈放されなくなることすら起こりうるのが刑事事件です。時間が開けば開くほど捜査機関側に証拠が集まり、こちら側の逃げ場を失わせます。迷っている時間があれば、まずは行動を起こしてください。弁護士であれば、警察署での面会だけでなく検察官や裁判官と話すこともできます。必ず釈放されるという保証は勿論ございませんが、弁護士を付けないときよりもはるかに多くの手段をとることが出来るようになります。

被害者の方と示談したい、不起訴にしてほしい

「被害者に謝罪したい」「被害弁償をしたい」でもどうすればいいかわからない。原則として、被害者とのコンタクトは弁護士以外には出来ません。あなたに代わって弁護士が被害者に直接会い、謝罪や被害弁償をいたします。勿論、被害を与えた以上償うのは当然です。謝罪や弁償をしたからといって被害者の辛い記憶がなくなるわけでもありません。しかし、少しでもできること、すべきことをすることによって、被害者の方の気持ちが和らぐこともありますし、最終的にはご自身の量刑にも関わってくるのです。

身に覚えがない、やってない

最近では冤罪という言葉も浸透してきましたが、突然被疑者にされることもあります。私自身、そんな依頼者の方を何度も見てきました。そういう時、捜査機関は決まって高圧的な態度で自白を迫ってきます。弁護士を入れることで権力の暴走を監視し、適切な供述が出来ることで、裁判所に正しい事実認識をしてもらい、不起訴になるような弁護活動をすることができます。いきなり取調べをされたら混乱して、「言われればそうかもしれない」と捜査機関に誘導されることは往々にしてあります。弁護士と相談します、と言えるだけでどれだけ落ち着くことができるかは想像に難くありません。

日本の有罪率は、99%を超えると言われていますが、嫌疑不十分などで不起訴に終わることも実はよくあります。私自身も、嫌疑不十分による不起訴は何度も見ています。他の共犯者は全員有罪だったが私の依頼者だけは嫌疑不十分で不起訴になったというケースもありました。

有罪かどうかは人生を左右するものです。どうすれば一番自分にとって有利か、弁護士と相談しながら進めた方が良いのではないでしょうか。

主なご依頼

  • 警察・検察に呼ばれた
  • 家族が逮捕され困っている
  • 早く家族を釈放してほしい
  • 示談してほしい
  • 前科をつけたくない
  • 会社に知られたくない
  • 執行猶予を付けてほしい 等

費用

※ 全て税抜で記載しています。

相談料

平日のご相談
初回60分5,000円、その後30分ごとに5,000円

土日祝日のご相談
初回60分10,000円、その後30分ごとに5,000円

緊急接見費用

50,000円

※遠方の場合は要相談。

弁護士費用

着手金  200,000円~
成功報酬 300,000円~

※ 着手金の最低額は、事実に争いがなく、公判請求が見込まれない簡易な事案を想定しています。
※ 別途実費(郵便代、印紙代など)が発生します。
※ 裁判員裁判や重大事件、否認事件の費用は応相談となります。詳細な料金については、ご相談時に弁護士よりご説明させていただきます。
※ 逮捕後の接見日当2万円/1回(3回まで無料)、公判日当2万円/1回(2回まで無料)が発生します。
※ その他、接見禁止の解除/保釈/勾留阻止などの成功報酬が別途発生する場合もございます。詳しくはご相談時に弁護士より説明させていただきます。